05.プロパティ・マネジメントシステム


      

「毎月の管理業務や雑務に追われて大変煩わしい」「本業が別にあって、そちらに専念したい」「将来的に入居者がいるのかとの不安がある」「マンション経営というものが、よく分からない」そのようなオーナー様に最適のシステムです。収益物件ご所有のオーナー様に対して、資産価値を最高の状態で維持しながら最大限の収益を上げていくことを目的とした建物の経営代行システムです。

ビル経営の真のプロが行うビル経営代行システム
イマスは長年にわたる仲介というビジネスを真剣に行うことにより、テナントという様々なニーズを持つ複雑なマーケットを知りました。また、テナント様に物件をご紹介するために数え切れないくらいの物件オーナー様と面談し、お会いした数だけのビル経営の方法があることを知りました。そして、どんなビル経営法が結果的に上手くいくのか、上手いビル経営には何が不要で何が重要なのか。様々なことを学びました。そのノウハウを活かしビルの経営代行として、プロパティマネジメントシステムを開発しました。まずは、どんなビルを建てるかという建築企画や基本計画に始まり。テナント募集のためのアウトライン作りをし、募集条件を確定します。
次にテナント募集計画、誘致活動。この二つはビル経営の最重要ポイントです。このテナント誘致能力はビル経営のすべてといっても過言ではありません。さらに、テナント様に快適にご入居いただく環境づくりであるテナント管理や建物管理、セキュリティシステム、そして営繕計画と施工。最高の収益を生み出し続けていくビジネスとして、イマスはマーケットアウトの視点で常にシステム再構築を続けます。


的確なリーシングマネジメント
テナント誘致は、投資収益に直接影響を及ぼす非常に重要業務となります。最適なテナントをより有利な条件で入居契約をさせるため、最新の市場動向を把握し、的確な物件情報の提供を行うことが求められます。市場動向をにらみながら、適正な価格設定を実践していくマーケティング力をベースに、テナント誘致に必要な幅広いネットワークを活かして行きます。高賃料・長期入居を定着化入居工事の手配・立会いから、日常のクレーム対応・要望事項の処理、退去阻止営業、更新・改定そして解約条件交渉や原状回復工事まで様々な業務をオーナーの立場で細心の注意を払って行います。また、CSS(顧客満足度調査)を定期的に実施し運営へのフィードバックを図る等、競争環境の変化を正確に予測し適切な対応策を打ち出すことにより高賃料長期間入居を維持して行きます。 資産価値維持の当社のノウハウを生かして施設は年数を重ねるごとに次第に劣化し陳腐化していきます。この劣化・陳腐化に手をこまねいていると、結果的に入居率の低下につながり、キャッシュフローに大きく影響します。修繕計画は金額的にも大きな投資になりますので、日常運営管理の視点とは別の観点から、プロとしてのノウハウが必要になります。当社の膨大な施設管理実績の中で蓄積されたデータベースと、厳しい価格・予算管理を通じて、最適な計画案をご提供いたします。