03.物件開発型サブリースシステム


      

圧倒的な物件開発力を駆使して、テナント様から依頼を受けたエリアにて物件を探索し、そのオーナー様がご所有の物件(土地及び建物)を、イマスが一旦借り上げ、ハード面・ソフト面で加工を施し、付加価値を付与した物件をイマスからテナント様にお貸しする契約の仕組みのことです。

テナント様にとっては、 希望条件に合致した物件を「必要な時期」に「スピーディ」かつ「確実」に確保するとができますし、オーナー様にとっても、 依頼を受けた「具体的なテナント様」がありますので、「スピーディ」に決まり「高い満足感」を得られるとともに、 イマスのマーケットを見据えたサブリースによって「高い安定性」も得ることができます。

★サブリースシステムを可能にするイマスの5つの能力★
①コンサルティング能力
テナント様の希望内容のもとになっている要素をしっかりヒアリングし、テナント様が真に求めている物件がどんなものかを誰よりもきちんと 把握することに徹しています。

②マーケット把握能力
テナント様が探しているエリアのマーケットを徹底的に調査し、立地条件やエリア特性などを熟知することに努めるようにしています。

③物件開発能力
希望エリア内をくまなく現地ローラーかけることは勿論のこと、大手不動産業者やゼネコン、地場の仲介業者等のネットワークをフルに活用し、ありとあらゆる物件情報を開発するようにしています。

④交渉能力
イマスは、物件オーナー様やテナント様のどちらか一方が有利になったり、不利になったりしないよう「中立な立場」でいることに努めています。客観的かつ中立的な視点で、誰が聞いても「なるほど」と納得してもらえるような商談を常に心がけています。

⑤実現能力
イマスがサブリースすることにより、一旦借り上げた物件にソフト面・ハード面で加工を施し、常にテナント様が借りやすい環境をつくるよう努めています。また、イマスの物件開発能力と交渉能力を最大限発揮することにより、テナント様に とって現時点で得られる最高の物件を確保することが可能となりますし、オーナー様にとっても最良の土地活用が可能となります。